株式会社ライクステクノサービス

防犯カメラ・監視カメラ

ホーム > 事業内容 > 防犯カメラ・監視カメラ

セキュリティの専門家が最適の防犯設備をご提案します

ph00 不法侵入や不法投棄、万引き、盗難など、人の目の届かない場所をつけ狙った犯罪は後を絶ちません。 一方、老人ホームや福祉施設、病院などでは、スタッフの目が行き届かないちょっとした隙に入所者が 屋外に出てしまったり、容態が急変したりして、命の危険にさらされる場合もあります。
それらの防止策として、防犯カメラ・監視カメラを導入する例が増えています。防犯カメラは、犯罪の抑止策 として役立つばかりでなく、カメラの映像が決め手となって事件の犯人が検挙されることもあります。
また、監視カメラは、入所者の居室や施設の主要なスポットを一か所で監視することができ、入所者の 安全を守ります。最近では市街地の道路などに防犯カメラが設置される例も増え、人々の防犯意識やマ ナー、モラルの維持・向上にもつながっています。
防犯カメラ・監視カメラは性能が格段と向上し、スマホやパソコンで遠隔監視ができるのはもちろん、映像や 画像も鮮明で、夜間でもはっきりと映ります。

flow

『ライクス テクノサービス』では、お客様のニーズに合った
防犯カメラ・監視カメラをご提案し、トラブルや心配事の原因を解消します。

bnr01

[ 防犯カメラ・監視カメラの種類 ]

当社では、お客様の目的や用途に合った防犯カメラ・監視カメラを厳選し、ご提供しています。
防犯カメラ・監視カメラには、次のような種類があります。

赤外線付き防犯カメラ・監視カメラ

赤外線付き防犯カメラ・監視カメラ
屋外に防犯カメラ・監視カメラを設置する場合は、夜間や暗い場所でも撮影できる「赤外線カメラ」をおすすめしています。また、雨や風に対応できる防水性の高い製品を選ぶ必要もあります。

ドーム型防犯・管理カメラ

ドーム型防犯カメラ・監視カメラ
店舗やオフィス、マンションなどの屋内監視に適したオシャレな防犯カメラ・監視カメラです。カメラ本体はドームの内部に収められているので外部からは見えず、室内の雰囲気を壊さずにすみます。また、レンズが上下・左右へと自由に回転できる機種が多く、監視範囲が広くなります。日中しか撮影できないタイプや、赤外線で夜間でも撮影できるタイプタイプなど、種類もさまざまです。

箱型防犯カメラ・監視カメラ

箱型防犯カメラ・監視カメラ
屋箱型防犯カメラ・監視カメラは、店舗やオフィスの天井から吊り下げるタイプのオーソドックスなカメラです。標準レンズ、広角レンズ、超広角レンズなど、用途に応じて監視範囲を指定できます。また、角ばって目立つ形をしているので、不審者を威嚇する効果があります。レンズの付け替えができるなど、高性能な機種も多くあります。 夜間や逆光、遠距離に強い機種もあり、駐車場やショッピングセンターなどでもよく使われています。

ネットワークカメラ

ネットワークカメラ
撮影した映像をインターネットまたはLAN 経由で送信し、パソコンで遠隔地から監視ができるカメラです。ウェブカメラまたはIP カメラとも呼ばれています。遠隔地にカメラを多数配備して、一箇所の監視センターで集中的にモニタリングするのに適しています。専用の録画ソフトによる録画や、遠隔地からカメラの向きを変えることも可能です。

レコーダ内蔵カメラ

レコーダ内蔵カメラ
カメラ内部にSDカードをセットするSDカードレコーダー内蔵カメラ。建築現場やゴミ置き場、駐車場など場所を選ばず設置が可能です。200万画素の高画質でより高精細かつ鮮明な映像を保存。また、内蔵のSDカードには暗号化とパスワード機能を付加することで情報漏えい対策にもなります。

小型カメラ

小型カメラ
万引きや下着泥棒、イタズラなど、犯罪を繰り返す犯人を特定し、捕まえるためのカメラです。犯人を特定する際に活躍します。ただし、盗撮目的の販売はお断りします。

[ 周辺機器 ]

録画装置(デジタルレコーダー)

録画装置(デジタルレコーダー)
撮影データをハードディスクドライブレコーダーに保存するための装置です。大容量のデータを保存でき、映像の劣化も無いので、稼働後は放置しておけます。複数の防犯カメラ・監視カメラを接続し、モニター画面を分割(最大16 分割)してまとめて出力することもできます。

モニター

モニター
液晶の専用モニターですが、個人のお宅ではテレビを使用すればいいので別途購入の必要はあまりありません。PC モニターを接続することもできます。

遠隔監視装置

遠隔監視装置
遠隔地から特定の場所を監視できる装置です。ネットワーク環境のない場所には携帯電話の回線を利用できる装置がおすすめです。企業や店舗の各支店のパソコンをVPN(バーチャル・プライベート・ネットワーク)で接続し、映像やファイルを安全に共有する方法もご提案します。

防犯カメラ・監視カメラ選びではココをチェック!

防犯カメラ・監視カメラは、利用者の目的や設置場所に合った機種を選ぶことが肝心です。もし目的にそぐわない機種を選んだ場合、何の役にも立たないこともあります。そこで、あなたのニーズに最適な防犯カメラ・監視カメラを選ぶ秘訣をご紹介します。

設置場所の状況に応じて機種を選ぶ

ココをチェック01
設置場所の状況に応じて機種を選ぶ
専門の技術者による厳しい管理体制のもと、品質管理、施工管理全般を徹底し、安全・確実に実践しています。豊富な専門知識を備えた有資格者がお客様のニーズに応じた工事内容をわかりやすくご説明。しっかりと信頼関係を築いた上で安心・安全な工事を遂行します。

目的に合ったカメラの画素数を選ぶ

ココをチェック02
目的に合ったカメラの画素数を選ぶ
従来は52 万画素の防犯カメラ・監視カメラが一般的でしたが、最近では130 万画素のタイプが普及し、大型のテレビモニターでも鮮明な画像が映し出されるようになりました。映像の細部の確認が必要な場合には画素数の大きいタイプを選びましょう。最近では220 万画素の高画質カメラも登場し、より鮮明な画像で確認することができます。
ココをチェック03
夜間監視の要・不要に応じて選ぶ
赤外線暗視タイプ
「赤外線暗視タイプ」は人の目には見えない赤外線を照射して、光が届く範囲内をスポット的に撮影します。赤外線を照射した部分は赤い点のように見えるだけで、通常のライトのようには目立ちません。室内のワンポイントを撮影する場合におすすめです。

高感度暗視タイプ

撮影範囲の調整ができるかどうかを確認して選ぶ

ココをチェック04
撮影範囲の調整ができるかどうかを確認して選ぶ
撮影範囲を随時変更したい場合には、焦点距離を調整できる「バリフォーカルレンズ」が搭載された機種をおすすめします。この機種であれば、カメラの移動やレンズ交換の必要がありません。焦点距離を長くすると、一部分をズームアップして撮影できるので、怪しい動きをしている人の手元まで確認できます。一方、焦点距離を短くすると、広範囲を確認できるので、不審な行動をしている人がいないかを広い範囲で監視することができます。

撮影距離に応じて選ぶ

ココをチェック05
撮影距離に応じて選ぶ
撮影距離が5m前後であれば、夜間の監視でも通常の防犯カメラ・監視カメラとセンサーライトを組み合わせれば対応できます。通常の防犯カメラ・監視カメラは、高感度カメラや赤外線カメラに比べて導入コストがかからないのがメリットです。当社では、できるだけお金を掛けずに防犯カメラ・監視カメラを導入したいというお客様にも、このような形で低コストの導入方法をご提案します。

保証や故障対応を確認して選ぶ

ココをチェック06
保証や故障対応を確認して選ぶ
防犯カメラ・監視カメラは常に稼働させておく必要があるので、寿命も数年程です。特に、赤外線付きの防犯カメラの場合は2 ~ 3 年でほとんど映らなくなります。また、レコーダーのハードディスクやファンなどの部品も寿命は3 ~ 4 年です。導入の際には本体と付属機器の寿命を確認し、耐用年数が過ぎた後の対応や保証についても確かめておきましょう。

実際の映り具合を確認して選ぶ

ココをチェック07
実際の映り具合を確認して選ぶ
防犯カメラ・監視カメラを設置したにもかかわらず目的に合った撮影ができず、用をなさなかったということのないように、設置前に必ずデモンストレーションを行い、実際の映り方を把握しておきましょう。

以上のチェックポイントに留意して、ニーズに合った防犯カメラ・監視カメラを選びましょう。
当社ではお客様のニーズをしっかりとうかがい、実際の設置条件や監視する条件、取り付ける壁面や天井の強度、ケーブルの長さ、画像の鮮明度、価格、製品の寿命など、それぞれの条件を検討のうえで、最適な防犯カメラ・監視カメラをご提案しています。
どんなご相談にも応じますので、お気軽にお問い合わせください。